ぽていと&カテリーナ with TSUMUJI-KAZE シーサイドシスターズ:詳細|THE QUEEN Live House

ぽていと  カテリーナ  シーサイドシスターズ  TSUMUJI-KAZE

■ぽていと
http://ameblo.jp/poteito-ryota/
1989年1月5日生まれ。
熱い男シンガーソングライター石見亮太(いわみりょうた)によるソロユニット。 

2010年10月に活動開始。
歌よりもまずその人柄とコミュニケーション能力に出会った人が皆魅了されてしまう程の「人類皆兄弟型人間」。
 飾り気がなく自然体で、 各種方面の人脈も幅広く、またその自身の人脈を周りに惜しみなく分け与える姿は、まさにカリスマ。
ジャンルを超えた多くのアーティストとの共演を果たしている。 

そんな彼の人柄が溢れるオリジナル楽曲は、熱くてストレートで聴く人の耳と心に残る、熱いソウルでもあり懐かしいフォークっぽさも。 

また、コミュニティカフェでの音楽イベントプロデューサー、FMラジオのパーソナリティ経験も果たし、マルチに多方面で活躍。

2014年、満を持して全国全箇所歌い回る旅プロジェクト「いも散歩」を実施し、あらゆる街へ、あらゆる人たちと話し、音を出し繋がっていき日々進化中。(現在絶賛宿&演奏場所募集中)

■カテリーナ
https://www.kateryna-music.jp/

幼少期より故郷ウクライナの民族楽器であるバンドゥーラに触れ、民族音楽団「チェルボナカリーナ」で活動する中で、10歳の時に日本公演のため初来日。16歳からウクライナ・レフゥツキー音楽専門学校で声楽、バンドゥーラの演奏技術、音楽理論を本格的に学んだ後、2008年、音楽活動の拠点を東京に移す。

現在は日本で活動する数少ないバンドゥリストの一人として、国内ツアーの開催やライブハウスでのパフォーマンスなど、精力的な活動を行っている。

◆バンドゥーラとは?
バンドゥーラは、私の故郷・ウクライナの民族楽器です。
ツィターやリュートの特徴を併せ持ったような構造と音色で、コサック時代を中心に目の見えない人によって演奏されていました。
もしかすると、日本の琵琶法師とウクライナのバンドゥリステは、共に音楽的背景が似ているかもしれません。
バンドゥーラの起源は12世紀頃にさかのぼります。
その後15-16世紀にはポーランドの王に、また、18-19世紀はロシアの宮廷に仕える専属の奏者によって演奏されました。
バンドゥーラは、およそ50から60の弦からなり、半音階で5オクターブの音域があります。
本来はノスタルジックな響きを持つバンドゥーラですが、演奏する楽曲によって様々な世界を作り出すことができます。
日本ではあまり知られていない楽器ですが、ぜひ聴いてみてください。



公演詳細情報

TITLEぽていと&カテリーナ with TSUMUJI-KAZE シーサイドシスターズ
DATE2017-07-17
SHOWTIMES開場13:30 / 開演14:00
MUSIC
CHARGE
前売 2,000円 / 当日 2,500円(+ドリンク代別途)
MEMBERぽていと  カテリーナ  シーサイドシスターズ  TSUMUJI-KAZE

ご予約

当日会場でお支払い

電話またはメールフォームからご予約ください。
ライブ当日に現金でお支払いください。